へっぽこーずの本(ソードワールド)

TRPG未経験ですが、娯楽としての読み物として面白かったです。
新ソード・ワールドリプレイの第1弾。

・リプレイ(普通で言うところの本編)
進め!未来の大英雄
この巻が面白かったからTRPGがよく分からなくても続刊を買おうと思ったんですよね。
わからない人に面白いって思わせるのはすごいことだ(笑)。→私の感想

つかめ!明日の大勝利
マウナとイリーナが散々な目に…。
追加報酬のチャンスをことごとくスルーしてしまい、
災難だけが一行を襲うさまに、何故か共感してしまいます…(笑)。→私の感想

目指せ!奇跡の大団円
リトル・イリーナ、チビーナ登場だ!(笑)
戦闘時のGMさんの6ゾロっぷりも見事ですぞ。→私の感想

狙え!魅惑の大出世
前期パーティ最後の冒険。ノリス帰省騒動、グードンのお祭り、
青い小鳩亭最初の危機…。
キャラが主役になっている話のばかりの、個性的な1冊。→私の感想

決めろ!最後の大逆転
ノリス、ガルガド一時脱退、エキュー&バス加入巻。
ダークエルフの壮大な計画をぶち壊せ!(?)
新メンバーとの冒険は2話のみで、3話めには「第0話」収録。→私の感想

賭けろ!世紀の大勝負
冬のヤスガルン山脈での大冒険3話。
続き物ですが、それぞれの話にドラマがあるので飽きません。
重要NPC、ヤムヤルとの出会いもこの巻。→私の感想

走れ!神秘の大森林
ラムリアース編。ユニコーン護衛騒動や、貴族の晩餐会など
いつもとは違う世界が待っている…!?
ヒースが何故か銀のハルバードを購入。→私の感想

救え!かつての大親友
依頼主が、エキューの初恋のエルフ!エキューのキャラがとうとう崩壊します。
敵側にかつての仲間ノリスの影が見えるが…?
おやっさん・ガルガドがパーティ復帰するのもこの巻。→私の感想

挑め!捨て身の大決戦
青い小鳩亭が…青い小鳩亭がー!!マウナ、どこまで不幸な目に!?
ハーフェン・ゼミでの死闘!アンデッドたちとの最終決戦の始まり。
マウナの恋人候補・クラウスやイリーナの娘(?)たちの
チビーナ&プチーナも登場、ドラゴンプリースト・ヤムヤルも仲間に引き込んで
戦えるNPCも大集合する最終巻手前の1冊。→私の感想

名乗れ!今こそ大英雄
最強のNPCが、プレイヤーキャラになる!?
ついでに、へっぽこーずと今まで関わってきた友人NPCまでプレイヤーキャラに。
キャラが半分くらい入れ替わっても、何故か調子はいつもと同じ、
それはそれで不思議な感じ。
へっぽこーずの最後の冒険です。→私の感想

語れ!へっぽこ冒険ロード
ドラマCDですが初回限定盤にのみ最終巻後のリプレイの載った冊子付。
イリーナとノリスの出目が大変なことに(爆笑)→私の感想

明かせ!へっぽこ大冒険
こんなものが出ていると随分あとになってから知って、慌てて買った記憶が。
未収録リプレイ「瀬戸際の花嫁」収録。これの存在が大きいです。
消えたウェディングドレスは、どこへ…?
時間軸は1巻終了直後なので、パーティは前期パーティです。→私の感想


・短編集
冒険の夜に翔べ!(へっぽこ登場ほぼ無し)
ノリで購入。 →私の感想

許されし偽り
イリーナの兄が描かれていると聞いて。
2本ほどシリーズ物の続き?スピンオフ?が入っていますが普通に面白かったです。
→私の感想


・短編集(へっぽこーず)
集え!へっぽこ冒険者たち
掃除中の部屋からこの本が発見されなかったら、
このブログは作成されていなかった(爆笑)。
→私の感想

踊れ!へっぽこ大祭典
ヒースの過去話が面白い。幼き日のイリーナと、若き日のクリス兄やん無茶しすぎ(爆笑)。
→私の感想

狙われたヘッポコーズ
神官、盗賊、魔術師、冒険者という職業をテーマにした短編集。
へっぽこーずの出番はトリ(最後)です。
→私の感想

へっぽこ冒険者とイオドの宝
「100年前の大盗賊イオドの宝」を巡って4人の作者が短編リレー!
なのに全編が何かの番外編というちょっと大胆な本でした。
→私の感想

へっぽこ冒険者と緑の蔭
ロマール・ファンドリア・オーファン・ラムリアースという
国をテーマにした4本の短編集。
へっぽこーずの短編は番外編なので、あまり国は感じない(笑)。
→私の感想


・長編
へっぽこ冒険者と眠る白嶺
没落貴族からの依頼は、山奥の遺跡探索。
古い遺跡の抱える秘密は、最悪だったのだが…てなお話。
道中のほのぼのも込みで、バランスのいい本です。→私の感想

輝け!へっぽこ冒険譚1
イリーナ達の初冒険。冒険者パーティが結成されるまで。
短いですがよくまっていて、かなり読みやすい一冊。
→私の感想

輝け!へっぽこ冒険譚2
ちょっと帰郷して、すぐ帰ってくるはずのヒースが行方不明に。
この手のネタは最初からオチが見えている話ですが、私には面白かったです。
→私の感想

輝け!へっぽこ冒険譚3
グードンのお祭りで因縁の盗賊団とまた出会って……!?
次回に続きそうなノリのまま、終わってしまった長編。
イリーナがやっとフルプレート装備になりました(笑)。→私の感想


・コミックス
突撃!へっぽこ冒険隊
後期メンバーの1冊。
女性陣の露出ネタがちょっと多め。ヒースは実は優しいんだぞ…というネタは
ノベライズやコミカライズの方に来てるようです。→私の感想

突撃!へっぽこ冒険隊 できたて
前期メンバーの1冊。(出版されたのはこちらが後)
露出はマウナが担当?
イリーナの「あの世で自活せよ!」…は、名台詞かも。→私の感想

関連記事

2011-08-16 : ついうっかり集めちゃった物の一覧 :
« next  ホーム  prev »

Amazon Affiliate

ブログ内の検索

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate

カウンター

カテゴリ

ブログ管理人に連絡する

Amazon Affiliate

人気記事ランキング


集計開始日:2013/8/16

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate