Cintiq 13HDとパソコンを接続する方法(Windows7)/縦置きで液タブを使うための設定方法

最近「Cintiq 接続」とか「Cintiq 縦置き」で当ブログに来て下さる方が多いので、
成功例の一種として私の場合を書いておきます。

私は液タブの接続は初めてで、デュアルディスプレイの設定は
過去に2回しかやったことがないです(うち2回はXPのパソコン)
設定の成功にはパソコンによる差があり、
今回も含め最終調整は自分で手探りだったなぁと思うので
本当は説明するほど自信は無いのですが……(おいおい大丈夫か)。
そんな私の解説ですので、うまくいかなかった場合の責任も取れません。ご了承ください。

今から説明するのはこの製品の接続についてです。

Wacom 液晶ペンタブレット 13.3フルHD液晶 Cintiq 13HD DTK-1300/K0

2015年1月に発表された新型番DTK-1300/K1、
2015年7月に発売された新型番DTK-1301/K0は、
型番が違うだけの同一製品であるとのことです。ゆえに同じ方法で接続できるはずです。
→型番についての関連記事



最新の商品(2016年5月28日現在)

0.接続する前に
パソコンには余計なものを一切繋がないようにしてください。
キーボードやマウスがUSBの場合はそれのみを残し、
他の機器やフラッシュメモリ等は一旦外しておくとよいです。

1.前のペンタブのドライバをアンインストールする
忘れてしまいがちですが、念のため必ずやっておいてください。
前のペンタブのドライバを残したままだと、
ドライバが競合してCintiqのドライバが正常に動作しない可能性があります。
(昔、スキャナを買い換えたときにドライバが競合して面倒なことに…笑)

2.Cintiq 13HDの最新ドライバをWacomの公式サイトからDLし、インストールする
Cintiq13HDは型番がDTKなのでそれを選び、次に自分のパソコンのOSを選びます。
私はWin7なのでWindows7を選択。

3.ドライバをインストールしたら、再起動し、完全に動作するようになってから1分くらい待つ
4.パソコンの電源を切る
再起動と電源OFFは同じじゃ無いの?と言われそうですが同じではないようです。
私も詳しい知人に他のディスプレイの繋ぎ方を習った時に聞いただけなので
なぜ別々にするのか理由を説明することはできませんが、
再起動を電源OFFは別の作業として行って下さい。

再起動後、紅茶でも飲んで一休みするのもアリです。
待つ1分は長いですが、何かして経過する1分はすごく短いので(笑)。
ようは「パソコンに新しいものがインストールされて、それが認識された」状態に
すれば良いみたいです。なので起動後しばらく待つという行動が必要らしい。

5.電源を切った状態のパソコンに、Cintiq13HDを接続する
HDMI、USBはパソコンに、電源はコンセントにさします。
3分岐ケーブルの分岐後の長さは20cmくらいなので、
HDMI端子に近いUSB端子に繋ぐと見た目がスッキリします。
この後に行う設定のため、とりあえずは横置きにしておいてください。

6.Cintiqの電源を点けた後、パソコンを起動する
説明書にはこう書いてありましたのでこの順番で。

7.ポインタの設定を行う
パソコンがCintiqを認識したら、Cintiqの画面上で勝手に始まるので
それに従ってポインタの位置を設定・調整して下さい。

☆これで、Cintiq13HDの基本的な設定は終わりです
どうでしょうか?
接続端子が右にあり、画面がメインモニタと同じものが映っている状態で
Cintiqが使用可能になっているはずですので、まずはそれを確認してください。
自分のよく使うお絵かきソフト等の動作を確認し、
まずはCintiqが使えるようになったかどうか確認して下さい。


さて、ここからは自分の使いやすいように設定を変更していきます。
メーカーが推奨する(?)初期設定は以上ですので、
ここから下で説明する設定を行ったことで
発生した問題などは全て自己責任となります。ご注意下さい。



◆Cintiqを反転して使う、縦向きで使う
どちらの設定も途中までは同じです。

1.コントロールパネルを起動し、「外部ディスプレイの接続」の設定を変更する
スタート→コントロールパネル→デスクトップのカスタマイズ
→ディスプレイ→外部ディスプレイへの接続

コントロールパネルの表示の設定が「カテゴリ」(初期設定のまま)の場合です。

2.ディスプレイを識別してみる
一番上に「識別」と「検出」のボタンがありますので、識別をクリックしてください。
今の状態ですと両方の画面に1/2と表示されるはずです。
さて、ここからが問題です。

3-0.画面の領域を拡張する設定にする
ここが一言で説明できない微妙な部分なのですが、
Cintiqは自分のモニタをメインにしたがるようです(汗)。
とにかく、画面の拡大をしないことには先に進めなかったので、
何でも良いからまずは領域を拡張しましょう。

3-1.複数のディスプレイの設定を「表示画面を拡張する」にする
初期状態だと「表示画面を複製する」になっています。
これを「表示画面を拡張する」に変更すると、
Cintiqにタスクバーやアイコンが表示される状態になると思います。
Cintiqをメインのディスプレイにする、と思っている人で無い限り、
この状態だと困ってしまうと思うのでさらに設定を続けましょう。

3-2.今までメインだったディスプレイをメインディスプレイに戻す
「ディスプレイ」のメニューから今までメインディスプレイだったモニタの名前を選んで、
「これをメインディスプレイにする」のチェックボックスをオンにして下さい。
すると、タスクバーやアイコンが元々のディスプレイに戻ってくるはずです。
15秒後に元に戻す、と表示されると思うので思い通りの状態になっていたら
「はい」をクリックし設定を確定します。

私はノートPCでしたのでメインモニタの名前は「2.モバイルPCディスプレイ」でした。
これは使っているパソコンやモニタのメーカーによって違う名前になっている可能性が高いです。

4.パソコンを再起動する
何かの設定が終わったらとりあえず再起動しておくとよいらしいです。


☆これで、デュアルディスプレイの設定は終了です
まだ接続コードが右から伸びたままでしょうが、
「画面を2枚使える」状態にはなったはずです。
ここまで来たらあと少しです。


◆接続コードを左側にする(横置きし、画面を反転させて使う)
この使い方をしたい人が多いかな、と思うのでまずはこちらから。
縦置きしたい人は少し下まで飛ばして読んでください。

1.ディスプレイを識別してみる
メインモニタの設定を行ったときのように、ディスプレイの識別を行ってください。
ここでメインモニタが1、Cintiqが2と表示されればOKです。

もし逆であるようなら、メインモニタの設定が完了していないので
再度設定をしなおしてください。
案外、ささいなことを見逃しているだけということもありますので、
うまくいかないようなら何度も同じ事を繰り返していると
ポロッと唐突に成功することがあります(苦笑)。

2.ディスプレイの「向き」を「横(回転)」に設定する
「向き」というメニューがあるのでそこから「横(回転)」を選びます。
15秒云々のメッセージがまた出ますので、思い通りの状態なら
「はい」を選択すれば設定は終了です。

3.ディスプレイの位置関係を設定しておく
「ディスプレイ表示の変更」と書かれた場所の下に
画面の画像が2つ表示されていると思います。
じつはこれ、動かせます(笑)。2番モニタ(Cintiq)の画像を
実際のパソコンのモニタとCintiqの置き方に
一番似ている位置関係になるよう移動させてください。
これが終わったら、設定は完了です。

4.パソコンを再起動する
もはや儀式ですね。念のため再起動しておきましょう。
お疲れ様でした!!


★メインモニタの向きまで逆転してしまうんだけど……?
この状態になってしまう理由は分からないのですが、
私の場合はモニタの番号がメイン2、Cintiq1になっているときに発生し、
Cintiqを2に設定したらメインの向きは変わらなくなりました。
なのでメインディスプレイが「1」と識別されるようにすれば直るかな…?と思いますが
自分のパソコンでしか検証できていないので
どうにもならない場合はパソコンに詳しい知り合いに相談したり、
サポートセンター等に電話してみたりすると良いかも知れません。


◆接続コードを上、もしくは手前にする(縦置きし、画面を90°傾けて使う)
私は横置き(回転)の設定を行った後に縦置きに変更したので
いきなり縦置きを設定する場合に起こる問題に気づいていない可能性があります。
うまく行かない場合は先に横置き(回転)を設定してから試すと成功するかもしれません。

1.ディスプレイを識別してみる
メインモニタの設定を行ったときのように、ディスプレイの識別を行ってください。
ここでメインモニタが1、Cintiqが2と表示されればOKです。

2.ディスプレイの「向き」を「縦」か「縦(回転)」に設定する
「向き」というメニューがあるのでそこから「縦」か「縦(回転)」を選びます。
どちらの縦が貴方のPCにとって正しい向きの縦かは分からないので、
合っている方を選んでください。
15秒云々のメッセージがまた出ますので、思い通りの状態なら
「はい」を選択すれば設定は終了です。

3.ディスプレイの位置関係を設定しておく
「ディスプレイ表示の変更」と書かれた場所の下に
画面の画像が2つ表示されていると思います。
じつはこれ、動かせます(笑)。2番モニタ(Cintiq)の画像を
実際のパソコンのモニタとCintiqの置き方に
一番似ている位置関係になるよう移動させてください。
これで、設定は完了です。

3.パソコンを再起動する
念のため再起動しておきましょう。
お疲れ様でした!!


関連記事:Cintiq 13HD開封!
Cintiq13HD、私なりの液晶ギラつき対策
Cintiq 13HDの使い心地
Cintiq 13HD(ノーマル)とタッチパッドを併用して、マルチタッチ対応液タブっぽくしてみた。


【PCにHDMIの入力端子が無い時は】
パソコンにHDMI端子が無い人はこういう変換アダプタを使ってらっしゃるそうです。

→他の入力端子をHDMI端子に変換する時の注意


(左)Mac派の方がよく使っている変換ケーブル
(中)USB2.0か3.0のポートをHDMI端子にできるらいです。Win8まで対応。
(右)DisplayPort(タイプA 19ピン)をHDMIに変換するケーブル。

参考:Wacom公式のFAQ
HDMIポートにDVI変換コネクタを接続して使用できますか?
液晶ペンタブレットとパソコンとの接続方法は?
Cintiq 13HDチュートリアル(動画)

関連記事

2013-06-09 : 液タブ Cintiq13 HD(接続・設定) :
« next  ホーム  prev »

Amazon Affiliate

ブログ内の検索

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate

カウンター

カテゴリ

ブログ管理人に連絡する

Amazon Affiliate

人気記事ランキング


集計開始日:2013/8/16

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate