SSD初心者奮闘記 第0回 ノートPC注文したよ!

私が新しいもの好き(PCに限る)ゆえに、噂のSSD搭載マシン
結構まだ高かったですが購入しました。
詳しい人のTips記事では無く、
初心者の書いたの読み物と思って楽しんで下さい。


ちなみに、私のSSDに付いての認識は、色々調べる前は
HDD:今使ってるやつ、耐久3~5年
SSD:書き込み回数に上限があるが爆速

ぐらいでした。少し知識が付いたかも知れませんが、この印象は今でも変わりません。

色々省いて、保存領域の構成は
Cドライブ:SSD1TB

Dドライブ:SSD1TB

Eドライブ:HDD1TB


の超豪勢構成です。

「DはHDDでいいんじゃね?」と思ったあなた、
待って、ちょっと待って、理由があるんです、ちゃんと!(笑)
大容量に関しては、今使っているPCのHDD500GBがいっぱいになり、
データは全て移行する予定のため、経年で100%データ量が増えると思ったから、
という普通に実用的な理由もあります。
(一部データを外付けHDDに待避していますが意外とめんどくさい)


最近のお絵かきソフトや3DCG制作ソフトは、
ユーザーデータも
プログラムファイルズ内に登録するものが
ありますよね?
しかも、いいソフトほど動きが頻繁にあって、アップデートされる回数が多かったり。
それって全部、書き込みですよね。

普通、プログラムファイルズの位置はCドライブです。
上記の理由から、ソフトをインストールしたから、
もう書き込みは無いから大丈夫だー、とはならないんです。
ユーザーデータを登録するたびに、OSを走らせる大黒柱ともいえるSSDの寿命が、
少しずつ削れていく
わけです。
そのOSも、月1回の頻度で更新が入り、これ、明らかに大量に書き込みを行っていますよね?
つまり、SSDの最大寿命はOSの更新での
書き込み回数が上限に達したときが理想だと私は考えました。
まぁ、それでも他のパーツの故障などが原因で、パソコン自体の寿命が来る気がしますが…。

なら、SSDを2基にして、
片方をアプリ用にすればいいじゃない。
…という発想になった訳です。

だからDも大容量SSDを積んでいます。

じゃあ3基目のHDDはなんなの?って話ですが、これは
メール&作業用ファイル保存用領域です。

HDDは、理論上は寿命がありません。
なので、細々したデータの扱いは全部HDDでやっちゃおう、という目論見です。
Webブラウザまで入れているのは、私が結構な頻度でブックマークを作り、
しかも整理するためやはり書き込み回数が多いからです。

Cドライブ(SSD):OSと、アンチウイルスソフト、Kindle for PCやOffice、年賀状ソフトなど
Dドライブ(SSD):お絵かきソフトその他遊び用ソフトなど
Eドライブ(HDD):iTunes、お絵かきソフトの作品の保存、メーラーやWebブラウザなど

です。
KindleとOfficeにツッコミが入りそうですが、私はOfficeは年に一時期しか使ってません。
Kindleはごく稀に更新がありますが、一度本を入れてしまえば閲覧だけになる
書き込み(回数上限あり)が1回で読み込み(回数上限なし)の筆頭とも言える存在で、
Dドライブに負担を掛けすぎないためにも、Cドライブが最適と言えるインストール先なのです。

iTunesはそもそも重いのでSSDに入れる方が良いのかも知れませんが
プレイリストを結構頻繁に作り替えるタイプなのと、既に曲数が9000を超えているため
本体を含めて全部HDDにインストール予定ですが、Cドライブにこだわる、という噂もあるので
その場合は曲だけでもEドライブに入れる予定です。
まぁ、ライブラリファイルがCにある限りCドライブの書き込み回数を使ってしまうため、
出来ればEドライブにインストールしたいところではあります
が。
なんだかんだで導入から一度も変えたことが無い私のライブラリファイル(笑)。
今回こそ無理かー!と何度も思いつつ、移行に成功してきました(笑)。


私が3~5年で壊れる気がしていたのは、経年劣化、熱による劣化などが原因で、
パソコンの使用頻度が低く、ノートPCでもあまり持ち歩かないというタイプの人は
今まで通りHDDを搭載したパソコンを使うのが無難でしょう。(SSDの値段が爆下がりしたりしない限り)

で、私は理論上は寿命が無いはずのHDDの耐久も3~5年に感じていました。
つまり今の使い方だと、どっちを買っても使用頻度や使い方の問題で
長くて4年目に買い換えの周期です。(今のPCも4年目に突入してすぐです)
実は、よく見て頂いているCintiq13HDの記事には自分自身も助けられて(爆笑)、
移行時は自分のブログを見ながら移行するなんてことになったんですが、
今度はWin10なので、今までと違いがあればそちらもレポートします。

そしてSSDの耐久年数も、1日8時間使用想定で3~5年らしく、
これはSSDの容量が増えるほど耐久年数が延びるそうです。
理由は、説明できるほどは理解できていないので省略します。
まぁ、それでも3~5年、運が悪いと2年で駄目になってしまうものらしいです。

・噂のSSDのスリープ(ハイブリットスリープ)or休止状態問題について
スリープや休止をするとHDDやSSDに
書き込みをしてしまうのですが(現在開いているものなどを保存している)
SSDの容量が大きいほど気にしなくていいそうです。
メモリもでかいマシンにしたので、
不安も多少残るのですが(1スリープに対し、書き込む容量がメモリ程度)
大容量SSDを買った私はスリープを普通に使って問題無さそうな印象を受けています。

ただ、ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、
私は持ち運び用の2in1PCもSSD64GBのものを使っており、
こちらはオートスリープ、スリープを使うと復帰しないことが結構な確率で起こるので
OSの起動がそもそも速いのを理由に、開き直って毎回シャットダウンしています。
同じ問題に遭遇すれば、私はスリープ機能を使わないでしょう。
なお、休止状態に変更する、とPCをわざと付けっぱなしにする、は
SSDに対しては論外の対応
で、
2018年現在では、スリープを使うかシャットダウンするのが正解、とあります。
また、私は就寝前には必ずパソコンをシャットダウンしますが、
検索しているとシャットダウンや再起動はPCが重くなったらする、なんて人も
結構いらっしゃいました。
スリープ状態を繰り返すとメモリにゴミが溜まっていくので、HDDなら重くなるだけで済みますが
SSDだと理論上は重くなるのと、寿命が縮むのダブルアタックを食らうことになります。
私のように毎晩では無くても、一定の周期でシャットダウンする習慣はSSD導入者には求められそうです。

・噂のデフラグ問題について
Win8以降のOSは、搭載されているのがHDDなのかSSDなのか判別して
SSDの場合はTrim(トリム:SSD用のデフラグのようなもの)しているので
問題ないという記事も見かけましたが、
それ以前にSSDがそう頻繁にメンテするものでもないらしいので、
安全を取ってオフにしようと考えています。
(通常のWin10だと週1でデフラグを自動で行っている)

・今回の要点
PC買い換えの周期が3~5年のPCユーザーはSSDを試す価値がある!
大容量なSSDほど耐久年数が長い(通常品を入手できた場合)
書き込み回数が多い、ヘビーユーザーは保存用のHDDも用意しよう!

でした。

【余談:目論見が外れたらどーするの?】
諦めて普通にCドライブにアプリケーションを全部インストールし、
DドライブとEドライブをデータの種類に応じて保存容量域にするだけの話です(苦笑)。
ちょっとDドライブがお高いですが。
どうせSSDを搭載するならここまでやらないと
面白味が無さそう、というのが私の最終的な意見でした。

現状、中途半端な使い方が一番、旨味が無さそうなのがSSDなんですよね。
2in1PCは当然Cドライブオンリーですが、
読み書き両方同じドライブでやっているので「これはパソコンなのか…?」と
少し困惑するレベルで速いです。
それは「読み書き」の両方をSSDで行っているから受けられている恩恵なんですね。
まぁ、それでも私は書き込み先は流石にHDDになる予定にしていますが、
ユーザーデータフォルダや頻繁なアップデートの件など、OSと別のドライブにすることで
受けられる恩恵はかなり大きい気がします。

関連記事

2018-05-08 : SSD初心者奮闘記 :
« next  ホーム  prev »

ゲームのプレイ日記

攻略開始日の日記にリンクしています。

ルイージマンション2
新・世界樹の迷宮(Expert)
新・世界樹の迷宮(Classic Expert)
新・世界樹の迷宮2(ほぼExpert)
世界樹の迷宮5(ADVANCED)
世界樹の迷宮X(クロス)(Expert)
世界樹と不思議のダンジョン
王だぁランド!
ぷよぷよテトリス!
ブレイブリーデフォルト
ブレイブリーセカンド
わがままファッション GIRLS MODE
ガールズモード3 キラキラ☆コーデ
ガールズモード4 スター☆スタイリスト
ルーンファクトリー4
ファンタジーライフLINK!
どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー
FE ECHOES
FEif白夜 暗夜 透魔
FE覚醒(ハード)
FE封印
FE烈火(エリウッド編)
FE烈火(ヘクトル編)
FE無双(3DS版/Switch版)
遙かなる時空の中で3
花帰葬(PSP)
Newラブプラス+
(マナカレ/プレイヤー:女)

ゲームボーイウォーズ1+2
ファミコンウォーズDS
Advence Wars: Days of Ruin
(日本版:失われた光)

A.S.H. アルカイック・シールド・ヒート
大乱闘スマッシュブラザーズ for3DS
ゼルダ無双
不思議の国の冒険酒場
スターフォックス ゼロ
大開拓時代 ~街をつくろう~
ポケットモンスターY
ガールズRPG シンデレライフ
ソフィーのアトリエ
ファンタシースター ノヴァ
円卓の生徒
ラジアントヒストリア(3DS版)

Amazon Affiliate

ブログ内の検索

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate

カウンター

カテゴリ

ブログ管理人に連絡する

Amazon Affiliate

人気記事ランキング


集計開始日:2013/8/16

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate