BBCF 健全リス系亜人種

セリカとラグナの再会からマコト戦終了まで。


セリカのうざいぐらいの方向音痴は…
知り合いの方向音痴を思い出してしまうので、余計嫌悪感が増すのだがそれはさておき。
(示した方向に行かない、示した方向から外れた道に近道があると思い込む等)

今はセリカにとっては随分都合が良い地理になっているようで
セリカの認識通りに進んでいけば目指している土地がある訳だな…。

んー、そして記憶に影響を受けてないのはクロノファンタズマっぽい?
セリカとかハクメンとかレイチェルとか。レイチェルだけは自称だけど。


そして、SS級賞金首とは別の意味でラグナに仲間の牙が向く。
あー…何か寂しいなぁ。
それこそマコトじゃないけど、一度は共闘した仲だからかねぇ。

読者のその心境をマコトが丁寧に解説してくれるので、
マコトの存在には癒やされるなぁ。


マコト、えらい!!

あの、分かりやすすぎるやる気のなさも良かった(笑)。
全部棒読みみたいな。一応お仕事やってます的な。
マコト…君諜報部に向いてないぜ…。

しかし、かなり序盤のレリウスの物言いと、ナインが断言していた
「資格者ではない」ラグナって、つまり何らかの原因で存在できないはずが
存在できているってことだろうから
それって「眼」持ちのノエルが強く願ってるとか、そういうのなのかもしれないな…。

関連記事

2018-04-14 : BLAZBLUE(ブレイブルー) :
« next  ホーム  prev »

ゲームのプレイ日記

Amazon Affiliate

ブログ内の検索

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate

カウンター

カテゴリ

ブログ管理人に連絡する

Amazon Affiliate

人気記事ランキング


集計開始日:2013/8/16

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate