フォトカノ 演じる人

レベル2室戸先輩と下校デートに成功。
レベル1でもデートがあるのかは知らないけど、
どっちにしろ会話に失敗してるうちに
レベルが上がってしまったんだからしょーがない(苦笑)。


ふむ、参考書選びか。
カフェで勉強よりはいいか…?と思ったのも束の間、
先輩をほったらかしでカメラ本を立ち読みする主人公。
おいおいおいおい…お前かなり最低だな…。

でも、先輩も先輩なんだよなぁ。
初期の室戸先輩の行動は親近感が湧くものも多いんだけど
参考書の選び方、間違ってる。
選んであげる対象をほったらかしで、
自分に分かりやすい参考書を選んでも、全く役に立たないんだこれが。

私は塾に行っていなかったので、同じく塾に行ってない人と
本屋で出会った時に一緒に参考書を探したりしたもんですけど
お互いに相談して自分(相手)のニーズに合ったものを
見つけ出さないと、完全なお金の無駄遣いになるんですよね。
つまり参考書選びを手伝うなら、
対象から離れるなんてもってのほかという訳です。

室戸先輩みたいに、
間違いなく自分の学力が上位互換って状態では無かったですが
探しあいの経験があるからこそ分かる。先輩、それ、違う。
だって先輩、学年違いで主人公君の勉強傾向、知らないでしょう?
それをリサーチしないなんて、甘いね!(笑)

しかし室戸先輩は「完璧を演じる人」。
だから、この人のシナリオとしてはこれが正解の行動なんだろうなー。

関連記事

2017-01-30 : フォトカノ Kiss :
« next  ホーム  prev »

Amazon Affiliate

ブログ内の検索

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate

カウンター

カテゴリ

ブログ管理人に連絡する

Amazon Affiliate

人気記事ランキング


集計開始日:2013/8/16

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate