ソフィーのアトリエ あのカフェ、実は…?

錬金術レベルがどんどん上がっていくぞー。
そしてプラフタが色々思い出そうとするけど
肝心のルアードの居場所は分からないという感じ。

街の近くに魔物が出たり、作物が少なくなっている中
ホルストさんがマイペースにノンアルコールの試作品を作るための
買い出しをしていて、マイペースだなぁと(笑)。
てか、途中までは確実に「カフェ」って言ってるけど
ちょいちょい「酒場」発言もあるので
このカフェって元々の設定は酒場だったのかな…?

ホルストさんはむしろ、昼しか空いていなくて
夜もお茶を出していたのを、お酒も出すように…とか言ってたけど。
なんかちょいちょい、辻褄が合ってない。

「オスカーがすぐいなくなる」の話のイベントの後に
オスカーが普通に店の横に出現して笑ったりとか(笑)。
いるじゃん!今日はいるじゃん!!って。


錬金術レベルが上がるとルアードの話になるようなので、
ガンガン錬金してますが、
ソフィーは根絶の錬金術の根本
「素材の願いを無視する」を聞いて「むしろ便利じゃない!?」とか
言ってしまう、残念な子……。
どんなに腕が上がっても、
物事の本質を掴まなければ一流にはなれないと思うんだ…。


知識の大釜を欲しがった時と
悪い意味であまり変わってないなぁ。

道を踏み外しそうな子で心配だ。

そして、
「ルアードを説得しよう!」という結論を出したソフィー。
しかし肝心の居場所は分からないようで。
そして「大事なこと」の内容が変わったと思いきや、
また「時間を掛けてじっくり考えよう」なので
さっきまでと大して変わらーん!(笑)
また、錬金術レベルを上げたり採取に行ったりしてればいいのよね?

関連記事

2017-01-10 : ソフィーのアトリエ :
« next  ホーム  prev »

Amazon Affiliate

ブログ内の検索

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate

カウンター

カテゴリ

ブログ管理人に連絡する

Amazon Affiliate

人気記事ランキング


集計開始日:2013/8/16

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate