バック トゥ ザ フューチャー

昔も何度か再放送を目にしたことがあるこの映画。
大人気ですが私は好きではありません。

それゆえ真面目に見たのが初回だけだったんで
これを機会にと、非常に久しぶりに見ましたけど…やっぱ微妙。


冴えない生活を送っているマーティが、
ドク(博士)の研究成果であるタイムマシン(車)を使って
20年前にタイプスリップし、
その直後に起こったちょっとしたすれ違いから
自分の父親と母親の出会いを無かったことにしてしまったため、
1週間で再度両親を出会わせろ!くっつけろ!というのが最大目標で、
その他コメディが少々。という構成なんですよね。

で、意味も無くタイムスリップするコメディっていうのは
昔も今も大量にありますけど、
私がこの映画が苦手な理由は「父さんの助け甲斐が無い」ところです。
ついでにいうと、マーティ本人も普通以下っぽい生活を送っているのは
父さんよりは喧嘩に強いということから容易に想像できます。

自分の存在を掛けて一生懸命がんばる話なんですけど、
「守るべき軸」がしっかりしてないので、
名作と言われていても納得いかないというか。

ぶっちゃけ、いち視聴者としては、
マーティや一家がどうなってもいいというか。


笑いというのは「こいつに死んで欲しくない!」というところから
生まれると思うんですよね。
しかしマーティに死んで欲しくないという要素が
私には見当たらなかったので、きっとこの映画が楽しめなかったのでしょう。

たった1週間の苦労(実時間ではなんと一晩)で
ろくでもない暮らしが裕福な暮らしに変わっていて、
最悪の上司が自分の家の洗車係になっている。

少し笑えますけど、ほんと、少しだけなんです。
見終わって10分もすれば後味の悪さだけが残る。

タイムスリップもの自体は割と好きです。
しかし世間が大好きなバックトゥザフューチャーは、
私は今回も好きにはなれなかった…。


ところでこれ、2と3もあるんですね。それは知らなかった(笑)。
私、ターミネーター無印、大して好きじゃ無いんですよ。
ターミネーター2はすっごい好きだけど。

何を書こうとしているかもうお分かりですね?
「2」見てみますわ(爆笑)。


歳を重ねて変わったのは、
好きでも無いものに再び興味を持つようになったことと、
こういう心の余裕が出来たことでしょうかね。

昔だったら、苦手なものは苦手と思ってしまったら
なかなか同じタイトルには手が出せませんでしたから(笑)。

関連記事

2016-12-17 : 懐かしの品 :
« next  ホーム  prev »

Amazon Affiliate

ブログ内の検索

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate

カウンター

カテゴリ

ブログ管理人に連絡する

Amazon Affiliate

人気記事ランキング


集計開始日:2013/8/16

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate