花帰葬PSP 花に捧ぐ(後半)

a sight of petals red(花白過去編)を先に聞いたから、
こんなことを思うのかも知れませんが、黒鷹はいいパパだったよなぁ。

回想で、トリの対比があるので余計にそう思うのかも。
基本的にはふざけているし、付き合ってもいいことなし的な人だと思うけど。

そして彩城に玄冬が現れたときに
銀朱がすごいバカ面下げていたのが、
声の演技でよく分かる(笑)。


隊長は一部EDと追加ルートで輝く人だから、
基本的にはちょっとアホで可愛い感じなんですよね。


しかし、このルートを聴いてると「優しさだけでは何も救えない」と
何度も思ってしまいますね…。
むしろ「優しいだけなのは本当の優しさなんかじゃない」と。

EDに入る時、正直「お前が言うな」と玄冬に言いたくなるぐらい、
玄冬はグダグダグダグダ、繰り返し同じことを言っていましたし。

だからって花白みたいになればいいとは、微塵も思わないですが。
うーん、難しい。

最初は、トゥルーエンドはこれだけだった。
PS2移植とかで追加ストーリーが出来たりして、バランス良くなった気がしますね。

関連記事

2017-03-26 : 花帰葬 :
« next  ホーム  prev »

Amazon Affiliate

ブログ内の検索

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate

カウンター

カテゴリ

ブログ管理人に連絡する

Amazon Affiliate

人気記事ランキング


集計開始日:2013/8/16

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate