今時の人はだまされない…orz「どんでん返しの作り方」

「どんでん返しとは読者をだますこと」と定義した上で、
どうすれば読者がだまされるのか、を解説しています。

しかし、昨今の読者や視聴者は、だまされて楽しんでいる訳ではなく
「だまされているフリ」をして、
作者の味付けや俳優の演技を楽しんでいる人がほとんどです。
ですのでどんでん返しの仕組みそのものを知りたいという人にはお勧め出来ますが、
どんでん返しを組み込んだ話を作ってみたいという話であれば、
別の著者の「大どんでん返し創作法」と、
「面白いストーリーの作り方 お悩み回答編」の併読をお勧めします。

(リンクはどちらもこのブログ内の私のレビュー記事へのリンクです)

この2冊はKindle Unlimitedに登録されていますし(2016/8/18現在)
たとえ原価でもこの「どんでん返しの作り方」という本1冊分よりは価格も安いです。

作り方については、紹介した書籍の方が分かりやすさと即効性に優れています。



人がだまされる根本的な理由、
どんでん返しに驚くメカニズムをしっかり解説しているという点は、
この本の方が圧倒的に優れています。

そもそも、何故どんでん返しが起こるのか。
(現実においても)

それを知りたい人は、読んでみるのもアリです。
むしろ読むべきとさえ思います。

現実は小説より奇なり、現実でも「どうしてこうなった!?」という
どんでん返しに遭遇することがありますよね。
切り抜けてしまえば、笑い話になることが多いと思いますが。

この本は創作物におけるどんでん返しと現実のどんでん返しを
少しごっちゃにして解説してしまっているところがあり、
解説が創作物向けなのか、カレを騙したいカノジョの為の実用書なのか
分からなくなる時が時々あります。
大抵は「だますためのテク」を解説している部分です。


人間は常識の中で生きている。
創作物は、作者が常識を定義することが出来る。
この違いが、創作物でどんでん返しを意図的に起こせる理由なのかもしれません。

関連記事

2016-08-18 : Kindle :
« next  ホーム  prev »

Amazon Affiliate

ブログ内の検索

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate

カウンター

カテゴリ

ブログ管理人に連絡する

Amazon Affiliate

人気記事ランキング


集計開始日:2013/8/16

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate