「萌え」の衝撃。「制服男子コレクション」1日目。

最近、イラストを描くときに普通に行き詰まっている。
男の子と女の子、どちらを描くのが好きかと問われれば
どちらかといえば男の子なのだが、別に萌えてはいない。

というか、「萌え」という単語がよくわからない。
私の線はちょっとシャープで硬くて、全く今風では無い。
それでもまぁ、今までは困っていなかった。――今までは。
楽しく絵が描けていた。

しかし「凄い」の同義語で爆発的に広まった「ヤバイ」の如く
「萌える!」という言葉も飛び交うようになった割には
ヤバイと違って未だに定義が無い。
「萌え」の方が「ヤバイ」より早くから存在しているにも拘わらず、だ。
ゆえに「萌え」がなんなのか、ちょっとよく分からない。

つーか、萌えと言っている人がどこを見て
「萌える」と言っているのかもよく分からない。

写真集やら技法書はずいぶんと集め、読んだけど
萌えに関する記述は「ここをこうすると『より萌える』」という解説だったりする。
萌えってなんだ。なんなんだ。

誰か教えてくれぇ!
…と頼んで教えて貰えるのならとっくに教わっている。

思い切っていつもと違う方向性の本を買うことにしてみた。


胸キュン 制服男子コレクション

制服には一定の法則がある。ゆえに私のような萌えが理解できない人種にも
ある程度わかりやすいんじゃないか?という考えから。
眼鏡萌えとか、ハードルが高すぎる。まだ駄目だ(笑)。

そして私は、1ページ目から衝撃を受けることになる――。
というか、ツッコミ倒しているので、未だ読みかけなのだが、
ゲームのプレイ日記同様、感想が新鮮な方が良いと思ったので、
早速ネタにすることにする。


(前略)きっちり締めた襟もと、絶対領域
腹チラ、鎖骨、筋肉、血管……などの萌えパーツを
凝視したこともあるはずでず。(後略)



腹チラと鎖骨、筋肉は分かる。腰とヘソもそうらしい。
私は特に意識しないけど。
それどころか、腹チラはどちらかというと苦手…なのだがその話は今はどうでもいい。

絶対領域と血管ってなんだ!?
男の絶対領域ってそもそも何!?
血管なんて見るの!?

いやいや、1ページ目からこんな調子では進まない…。
ということで読み進めてみた。
さすが女子向け、すごい文字量である。
一応腐女子ではなく女子向けの本なので、腐って無くても買ってOKだ。
まだ学校編しか読んでいないが、一応、腐向けな記述は控え目になっている…と思う。


解説部分は萌えに関する記述より、その服の形状の起源について、が多い。
これは普通に興味深い。

しかし着こなしになると説明が一変。
「萌えている」女子がどこを見ているのか書かれている。
なんと男子はスクールセーターとブレザーを重ね着するのは危ないそうだ。
上級者向けとのこと。
普通に重ね着させていた私としては衝撃である。
むしろカーデやスクールセーターをアウター代わりにしている姿に萌えるらしい。
「萌え」が分からないのはとりあえず置いておいて
セーターをアウターにするというのは、かなり参考になった。


例として黒バスの青峰のルックスについて語られている。
私は黒バスは普通にスポーツマンガとして楽しむのが好きなので
青峰がそんなオシャレだとは知らなかった。
世のお姉様達が黒バスにあんなに反応するのは、
恐らく全体的にオシャレだからなのだろう…私が何も感じていない部分を、
みんな見まくっているのだ。

これはヤバイ。もちろん古い方の意味だ。
私の絵描きがどん詰まったのは当然だ。
最悪「萌え」の意味が分からなかったとしても
オシャレなものを描けなければ楽しくないというのは
どんな絵描きにも備わっている本能
だからだ。

どうりで最近、絵を描いても楽しくないはずだ。
この項を読んだ時点でカーデをアウター代わりにするオリキャラを描きたくなったが、
その衝動は抑えて次の項目へ行った。

いちいち、この調子じゃ読了できそうにない。
まずは読み切れ(笑)。


学ランの項でも色々と衝撃を受けたのち、最終ページで追撃をくらう。
「ベルトは見せるもの」

つまりシャツはズボンにINなのだ。
このルックスは私の世代ではダサかった。
その後もわりとダサい扱いだった。
ドラマではシャツINしている人が放映されていても
地元の学生がシャツINしているのはあまり見かけない…と思ったが、
そういえば昔は学ランからはみだしていたカッターがはみ出ていない…と思ったら
そもそも着ていないのかもしれない。カッターを。
言われてみれば、学ランの下に直接私服を着ている学生は結構見かける。
つまり、オシャレ的に言えば
学ランの下に直接シャツ、そのシャツをズボンにIN、そしてベルトを見せる。
これがここ5年くらいのオシャレらしい。
ウワー、これはすれちがったオバサン程度ではちょっとチェックしきれねぇ(笑)。

当たり前のように学ランの不良系キャラにカッターを着せてしまっていたが、
まずはそのカッターを脱がすところから考えよう、うん。
勉強になった。



体操服・ジャージの項までなんとか来た。
学校指定のジャージはハーフジッパーが多いのは昔と変わらないようだが、
漫画ではファスナー全開になるものの採用率が高いので、
イラストもファスナーを全開にできるタイプだ。
ファスナーの開け具合でオシャレを演出するのは分かる。
ズボンの丈の調節具合も分かる。
ピッチリとファスナーを全部閉めて
ハイネックにするのもオシャレに入っていた。

まじでか。まじなのか。それってダサくないか?
参考イラストを見てもださく感じる…が、
イラストサイトの美麗絵師さんの絵を思い出してみると
確かに襟をくしゅくしゅにしてオシャレに決めている絵があったような気もする。
そうか、そういうことか。

そして小学生の制服についてもさらっと解説があり、
それをさらに読み進めるとコラムのページに突入。22pだ。
小学生の制服については触れてある程度というのは、
やはり読む層が中高生の制服に萌える人が多いとか、そういう事情なのだろう。

話を戻して、コラム。
「萌える袖について考える」
萌え袖を男子のイラストに採用した場合どうなるとか、
「萌え袖」と「袖萌え」の違いが書いてあった。

なるほど、この分類で行くと私は「袖萌え」らしい。
なぜなら「半袖」と「七分袖(七分丈)」の絵が多いからだ。
理由もちゃんと言える。
手を腰に当てた際に、親指で支えるためにできるあの角度が好きなので、
アレが描きやすい半袖や七分丈はどうしたって私の好みになる。
つまり、私は「袖萌え」しているらしい。

それは以下の記述と私が短い袖をよく描くという理由が一致している点からも明らかだ。

(前略)腕フェチとまでいかないにしても、
女子は男子のゴツゴツした腕が大好きだ。
(中略)手首のくるぶしや、浮き出た血管大きな手など、
女子の腕にはない魅力が(後略)



出たよ血管。
…の、前に。そう、それ。
大きな手や手首のくるぶしは確かに好きかも知れない。
好きだから描いてるんだろう。

私は斜めのラインがかっこいいと思うだけなのだが、
「萌え」という言葉に当てはめるのなら多分これだ。
そして「袖萌え」というのは袖を愛でている訳では無く
袖から覗く腕の方を愛でるらしいので、やはり間違っていない。

血管に関しても別段詳しく解説してあるわけではなく、
そういったものが見えやすい服だといいだろう、といった内容だ。
「見たい部分がたくさん見える服だと嬉しいよね」という話になっている。

つまり、だ。
私がイラストレーターを目指している訳で無いかぎり、
線はシャープなままでいいし今まで通り七分丈の服を着せていて良い。
しかしセンスがかなりズレていたのだ。
それで、無意識に面白くなくなっていたのだ。

少しぐらいズレていても楽しめるが、大きくズレると面白くないのが絵だ。
まずは自分の制服のイラストのダサさを矯正すれば、また楽しくなるだろう。

「萌え」という言葉は理解していないが、
好きなものを描くために服の袖に好みがあるという時点で
みんなから言わせりゃ「あんた萌えてるって」という話なのだろう。…おそらく。
実感が無いだけだ。

やっと、みんながよく使う便利語
「萌え」に一歩近づけた気がする。


次からはスポーツのユニフォームの「萌え」について解説されるらしい。
学校の項で大分疲れてしまったので、ここで一区切りにして、
続きはあとで読むことにします。

関連記事

2016-06-23 : 雑記 :
« next  ホーム  prev »

Amazon Affiliate

ブログ内の検索

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate

カウンター

カテゴリ

ブログ管理人に連絡する

Amazon Affiliate

人気記事ランキング


集計開始日:2013/8/16

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate