イラストの技法書と写真資料集のいいとこ取り!「作画のための 戦う和装男子ポーズ集」

この会社から出ている資料本は当たり外れの差が大きいんですが
この本はかなり当たり寄りです。

影やしわに加え、ヒダまで見えやすいよう薄い袴を着用、撮影されています。
ピンボケしている写真もありますがラインを捉える上で問題があるほど
ボケてはいないので、とりあえず問題はありません。
(ピンボケ無しの方が理想的なのは当然ですが)


モデルさんが「男子」なのかはさておき、
着物を着慣れている印象があり、ここはプラスポイント。
着崩れをあまり直していないのは若干マイナスですが許容範囲です。

そしてこの本の最大の特徴ですが、
「○○ページの写真から描き起こしたイラスト」というものが何枚も載っており
本来の資料には不要なものですが
民族衣装であるはずの和装から遠ざかってしまった現代日本人は(※私含む)
写真を見ても、どの線を拾えば良いか分からないことも多いため
「この線を拾ったのか」ということが分かり
技法書と写真集の間を取ったような本になっています。

着流し着用の資料が多い中、袴で撮影しているのも好印象でした。


忍者の写真資料もありますが、こちらは衣装が真っ黒なので
陰影を捉えるのがちょっと難しいです。
しかし忍者の資料そのものが貴重なので、
絶対に必要な本ではなくても、一冊あると嬉しい本だと思います。

関連記事

2016-06-18 : ポーズ集レビュー :
« next  ホーム  prev »

Amazon Affiliate

ブログ内の検索

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate

カウンター

カテゴリ

ブログ管理人に連絡する

Amazon Affiliate

人気記事ランキング


集計開始日:2013/8/16

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate