大開拓時代~街をつくろう~ 60年で発展完了

運が良かったのか、
獣害も減り羊の群れに気付いたら倒しておく程度で良くなったので
研究所の研究を進める→レベルアップで加速度的に開拓が進み、
一度疫病の被害はあったものの、買い込んでいた薬(本当は研究用でしたが)のお陰で
死者無しで年を越し、60年目に、
このゲームの街作りのひとつの目標である「お城を建て、最高レベルにする」を達成しました。

お城で出来ることは「お金を払ってレアな開拓者カードをランダムで手に入れる」なので
ひたすら儲かるループが作れたら、あとはお城でカードを引いて遊んだりするんですかね。


ちなみに研究所で手に入る開拓カードは効果が永続なので、
全部研究し終わったら潰して、お城の建設ポイントに回すとかでOKですね。
畑も減らして、協会を建てて「豊作の祈り」を続けていたら食糧難にもなりませんし。

で、意外とうっかりしがちなのが「通貨が無いぜ」って状態。
市場から石材を買っているときに起こったんですが、
石切り場はついでの通貨獲得が無く、
製材所は何か作るたびに通貨を入手できる
ので
石切り場の仕事量が勝ってしまうと……
まさかの通貨不足ゲームオーバーになるかもしれません。

万が一、マイナスを出してしまっても1年間は「待った」アリなので
1年でマイナスを回収し街の維持費を捻出できればOKです。
私は石切り場の作業ボーナスでたくさん出てきていたダイヤやエメラルドを売り、
製材所をフル稼働してたら危機を脱出できました。
逆に言うと製材所、石切場、市場が揃っていなければ詰んでいたので
鉄鋼を確保できていることを前提して言えば、いらないのは炭焼き場と製鉄所でしょうか?
しかし、建物の建設の条件の前提に鋼鉄があることも多いので、
無いと不安なのも事実かも(笑)。

まぁ、ともかく、余程のことが無い限り「やさしい」モードでは
ゲームオーバーはなさそう。
まったり遊べます。

私が出した結論は
「最強の施設は製材所」です。


最低限の畑と食糧供給ができていれば、
足りないのは通貨ということになるので、
木材を入手し続け製材所で材木を作り続けていれば、
通貨がどんどん増えていくはず。

しかも、製材所は販売設備完備なので、
片方で材木を作ってもう片方で材木を売り続ければ、
作業ボーナスの「通貨をゲット」と「普通に売る」で2倍速でお金が手に入るという、
夢の施設っぽいです。

ただ、木材の消費量は3人ぐらい伐採+市場でオート購入と
製材所で1人作業、で釣り合うので(マイナスは出ていません)なので
製材所を増やしまくっても大幅なプラスが出るとかは無さそうですね。
肝心の丸太が残念ながら足りないと思います。

つまり、今の状態を続けることが、今回の街の最善なのでしょう。
この記事書いてる間に何事も無く3年過ぎてますし(笑)。

もうちょっと儲かってくれれば、お城でレアカード引きとかも出来そうですが。

えーと、一応…ある意味ではクリア…なのかな?
パッチ配布のお陰で、フリーズ頻発ゲームと思っていたゲームが
遊べるゲームになってくれてよかった(笑)。

関連記事

2016-05-31 : 終わりのないゲーム/パズル・シューティング等 :
« next  ホーム  prev »

Amazon Affiliate

ブログ内の検索

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate

カウンター

カテゴリ

ブログ管理人に連絡する

Amazon Affiliate

人気記事ランキング


集計開始日:2013/8/16

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate