FEif透魔 何故かアクア<クリムゾン。

シェンメイ登場最終面でクリムゾン(透魔堕ち)が出てくるのは
楽しみってほどではないけど「リョウマと会話させよう」ぐらいには思ってたんですね。

ついうっかり、逃がし忘れのユニットがクリムゾンを迎撃・撃破してしまい終了。
なんか、どうでも良くなって天馬系にアクアを担いでシェンメイに特攻させて終了。

アクア「歌いましょう」(必殺)

…どういう必殺なんだろうなぁ、これ(苦笑)。

しかし何故か、アクアとシェンメイの最後の会話より
クリムゾンの方をどうにかした方が良かったと思うんですよね。
アクアとシェンメイの会話を読んでいても何も感じない。
シェンメイの人となりが分からないからなのか、白夜・暗夜両編で
マイユニはアクアに半ばだまされている状態のまま戦争を終結させたせいなのか。

「血の制約」なんて目じゃないほど、訳が分からない設定ですからね…「透魔の呪い」。
作った人の中では、儚く悲しい美しい物語なのかも知れない。
でも、プレイヤーには伝わってこないというか…。

うーん…。

関連記事
2016-04-08 : ファイアーエムブレム :
« next  ホーム  prev »

Amazon Affiliate

ブログ内の検索

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate

カウンター

カテゴリ

ブログ管理人に連絡する

Amazon Affiliate

人気記事ランキング


集計開始日:2013/8/16

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate