ファイアーエムブレムif 周囲の態度に問題アリ。

……なんで、ベロアの支援が面白くないか分かったぞ。
これ、ベロアが悪いんじゃなくて周りが悪いんだな…。

「ガルー」という異種族設定があるのに
それを活かそうとせず、
ベロアという「ヒト」が理解できない、理解できないと
「人間」という種族に当てはめて、
周囲が接するからつまらないのばかりになるんだ。


積極的なキャラは
もっとガルーという「異種族」に興味を持てばいいし
そうでないキャラは邪険にしてもいいけど、
大半のキャラが支援Cで人間基準で邪険にするから
どの友情もどの愛情も嘘くさく感じるんだ……。

この辺は、蒼炎・暁のベオク・ラグズの関係を見習えって言いたいですねぇ。
ベオクから見た鳥翼族は鷹も鴉も似て見えるっていう話には
ヤナフは過剰に「一緒にすんな」と嫌がってたように。

前作の覚醒ではタグエルが絶滅していたので、
ぎこちないながらも「まあいいか」と思える面もありましたが
今回は妖狐もガルーも滅んでないから、
ヒト型+動物のパーツという異種族設定が生きてないのが
異常に目に付く
んですね…。

そして、フォレオとグレイの支援は収集完了。
最後がエポニーヌだったのでひどい結末になった(爆笑)。
フォレオは…まぁいいとして、
グレイとエポニーヌの支援Sは、
その後、速攻で別れる気がしてならない(苦笑)。


関連記事

2016-03-25 : ファイアーエムブレム :
« next  ホーム  prev »

Amazon Affiliate

ブログ内の検索

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate

カウンター

カテゴリ

ブログ管理人に連絡する

Amazon Affiliate

人気記事ランキング


集計開始日:2013/8/16

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate