アロマの芳香浴に新しい香りを試してみました。 その8:高知ユズ

やはり最早趣味の領域と言える(笑)J-aromaシリーズの高知ユズも試しました。
オレンジや土佐小夏と効能が似ている(血行が良くなる、消化器に良い)上に
リラックス効果も期待できる商品です。

実際に試してみた感想ですが、消化器系への影響は
オレンジ>高知ユズ>土佐小夏という感じで、丁度間をとった感じでした。

ユズのツンとした香りはオレンジより心地よく、私の好みの香りでした。
そしてリラックス効果については、木曽ヒノキの香りの影響が絶大すぎて
少し実感が湧きませんでしたが「良い気分がする」という時点で
相当効いているのかもしれません。

私は元々柑橘系の香りが好きですが、レモンの次に好きな香りになりました。

2017-06-13 : アロマセラピー(芳香浴) :

アロマの芳香浴に新しい香りを試してみました。 その7:土佐小夏

最早趣味の領域になってしまうJ-aromaシリーズのお試し2つ目、土佐小夏。
ずばり「みかんの香り」がします。
オレンジはつんとした香りも含みますが、土佐小夏は同じ系統でも少し優しい香りがしました。
効能は血行促進や消化器の働きをよくするものですが、
こちらは私の体質の場合はオレンジやジンジャーの方が効くようで
土佐小夏は香りを楽しむ程度という印象でした。

私は効能>香りでアロマの芳香浴を楽しんでいるので、
残念ながら土佐小夏は愛用しない気がします。
しかし、オレンジの香りがきつすぎたとか、そういう人は試してみてもいいかもしれません。

2017-06-13 : アロマセラピー(芳香浴) :

アロマの芳香浴に新しい香りを試してみました。 その6:木曽ヒノキ

J-aromaという試みで、日本で取れる香りをアロマセラピーに使うというものです。
これに手を出し始めたら、もはや趣味ですね(笑)。

さて、私の好きな樹木系の香りで、しかも効能も「心身共にリラックス」なので
ダブル効果でリラックスするからか、すぐに眠たくなってきます。

香りはローズマリーととても似ていて、もしかすると判別は困難かも知れません。
(ヒノキの方が、少し強めの香りのようですが)

しかしヒノキは眠くなってくるのに対し、
ローズマリーは身体が温まってくるので、
芳香浴で効能を感じている人なら選ぶときは効能もよく見ると良いと思います。
逆に、香りだけが好きで効能をそこまで感じない人は
ローズマリーで代用してしまってもいいかもしれません。

2017-05-19 : アロマセラピー(芳香浴) :

アロマの芳香浴に新しい香りを試してみました。 その5:ジンジャー

消化器系の症状の緩和や、冷え性の人にお勧めの香りらしいですが、
「スパイシーな香り」がきつすぎて、ちょっと私には合っていませんでした。

香りの系統は樹木系ですが、根から抽出されているので、
ショウガのようなものと思えば良いと思います。

しかし、香りの相性はともかく効果は絶大で、
夏を前に既にバテてきている胃腸が楽になる感じがしたので
「良薬口に苦し」ということで、
どうしてもしんどい時はこれもアリかなという感想でした。

オレンジよりも高い効果があるのは間違いなさそうですが、
気楽に使えるのはオレンジ…というイメージです。

2017-05-18 : アロマセラピー(芳香浴) :

アロマ20年愛好家の、アロマセラピー(芳香浴)初心者オススメのセット(付属品込み)

※前置きは要らないからお勧めが知りたい人は、
「続きを読む」からどうぞ。※


私がアロマオイル(アロマセラピー)に出会ったのは20年くらい前です。
元気なときは焚きませんが、身体の調子が悪かったり
気分の悪いニュースが多い時期などには、結構アロマに頼っています。

一見、価格が高く思えるアロマオイルですが
実は心療内科でジェネリックの向精神薬を貰ってくるより、
1ヶ月分の単価は安かったりします。

(私の場合は保険証の効果もあり薬代は月2000~3000円でしたが、
アロマオイルは1日2~4時間の使用と仮定して、
1500円~2000円の5mlの瓶ひとつ空けるのに早くて1ヶ月。
使用頻度が低ければ、もっと長持ちです)

効能を知って使うなら、病院に漫然と通うよりも節約になり
向精神薬を減らしたりやめたりすることもできます。参考になればと。
実際、今では私は心療内科には通院しておらず、
内科で頓服用に年に1回ほんの少し処方して貰う程度です。(いわゆる「お守り」です)

※ライトは古いので最近のオススメを選びましたが、
オイルは全て私が使用し効能を確かめたものです。
つまり、効果には個人差があります。(私は効きやすいタイプ)
しかし効果は体質以外の影響もありますので、その点に関しては記事の下の方にまとめました。

※身体の不調を感じたらまずは病院にかかりましょう。
長期的な身体の不調は精神系の疾患では無く、
疾患の可能性の方が本来は高いです。まずは血液検査を。
心療内科への通院が5年、10年と通院が続くようなら、
こういう市販品での緩和を視野に入れてみましょう。
(私は不眠症だったので、同じく不眠症の知人から勧められ
現在のブームより先にアロマオイルと出会いました)

続きを読む

2017-05-08 : アロマセラピー(芳香浴) :

アロマの芳香浴に新しい香りを試してみました。 その4:オレンジ

買い集めてみた、新しい香りシリーズ。
今回はオレンジを開封し、数日使用しました。
レモンに比べるとかなり強い柑橘系の香りです。

効能は食欲増進ですが、
なんと食後の胃もたれにも少し効くと判明しました。

胃腸の調子が悪くなりがちなこのシーズンなので気づいたのかも知れませんが
最近の夕食後の香りはもっぱらオレンジです。

ただし、気分転換の作用は低めなので、効能目当ての使用になります。
なので、アロマの効果が出にくいタイプの人の場合、
よっぽどのオレンジ好きで無い限りは、あまり買う意味が無いかも知れません。

胃に優しい香りなので、私は試してみてラッキーでした。

2017-05-08 : アロマセラピー(芳香浴) :

アロマの芳香浴に新しい香りを試してみました。 その3:ローズマリー

フローラル系の香り、血行促進、集中力アップという効能らしいですが、
ペパーミントのようなサッパリした香りがします。
甘ったるい感じは一切感じません。

しかしペパーミントとの最大の違いは、やはり効能の違いなのか
「手足が少し温かくなってくる」ことです。


絵を描いたりパソコンをしたりしていると手は冷えてくるもの。
気分がサッパリした香りとして、ペパーミントとローズマリー、
どちらを選ぶかは悩みどころになりそうです(笑)。

起き抜けの冷えているときに1、2滴垂らして30~1時間ほど焚いていると
結構身体が温まります。すぐに起き出さない休日にいいかも。

2017-04-27 : アロマセラピー(芳香浴) :

アロマの芳香浴に新しい香りを試してみました。 その2:ゼラニウム

芳香浴の新しい香り第2弾。
フローラル系(花系)のゼラニウムです。これもネットのオススメで有名ですね。

フローラル系とのことですが、私の嗅覚では
どっちかというとクラリセージのような木の香りに近いものを感じました。
ラベンダーのような甘い香りもするので、こっちの方が向いているのかも知れません。
(しかしコスパに優れるラベンダー…悩ましい)

効能は「ホルモンバランスを整える」「精神のバランスを整える」とあります。
トシなもんですから女性の1/3は罹っているとも言われる
橋本病(甲状腺機能低下症)もあり、私のホルモンバランスが宜しくないのは
医学的にも証明されてしまっています。
(もっと悪化するとホルモン剤を飲むという治療が始まるんですが、
10年以上症状を悪化させず「潜在性」のまま病気をやり過ごすという
水際作戦みたいなことをやってます。ちなみにこの病気は一生治りません)

食生活の改善が一番良い訳ですが、新しい香りを試すならアリかなぁと思い購入。

眠くなりました(笑)。
あと、暖かい感じがして、謎の全能感(自分はこれでいいんだ感)がありました。
しかし香りが無くなるといつも通りの精神状態でした。
なかなか良い感じに効いてくれたようですが、
香りに耐性がそこそこついてもレモン(私の愛用の香り)のように
変わらず同じ効果を発揮してくれるかが今後の購入の分かれ目になりそうです。

2017-03-30 : アロマセラピー(芳香浴) :

アロマの芳香浴に新しい香りを試してみました。 その1:ペパーミント

私は気分が優れないときはアロマオイルで芳香浴を
眠る前に2時間ほど、あまりにしんどいときは朝の時間帯に少し、とか
時々しますが、「クラリセージ」「レモン」を長年愛用していました。

スタンダードでお値段も安いのは不眠に良く効くという噂の「ラベンダー」ですが
こちらはクラリセージの香りに慣れすぎているときなどに使っています。
(同じ香りの芳香浴を1週間以上続けると効果が落ちていくそうです)

クラリセージはPMS(月経前症候群)が重くて気分が落ち込んでいるときに
ベラボーに効きます。

眠くなってきたりしないのもポイントが高いです。
(少し多めの量で焚くとちょっと意識がボーッとするので注意が必要ですが)

レモンは私のお気に入りの香りで、
効能は「集中力を高める」らしいですが、私の場合よく眠れる気がします。
恐らく「精神疲労の回復」の方が効いているのだと思います。

続きを読む

2017-03-29 : アロマセラピー(芳香浴) :
ホーム

Amazon Affiliate

ブログ内の検索

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate

カウンター

カテゴリ

ブログ管理人に連絡する

Amazon Affiliate

人気記事ランキング


集計開始日:2013/8/16

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate