FE覚醒Vol.4 異界の絆編 捜索のドリーミング・ティアラ

ほぼ全編ギャグのドラマCDです。
シャンブレーとブレディが登場しませんが、子世代編は登場キャラが多目ですね。

マーク(男女)のパート以外は全てギャグ。
ウードとアズールが出番の多さの割に
何一つ仕事してねぇ…!!(爆笑)

こういう普通のアホな話でよかったのに、今までも。
どうして最後の最後まで、やってくれなかったんでしょうね。

時間軸は未来では無く、過去。親と合流し一緒に行軍しているようです。
ストーリーのどの辺りかは全く不明。

続きを読む

2017-11-12 : ドラマCDの感想 :

FE覚醒Vol.1 一触即発のイーリス・ロマンス

表題に大きな誤りがあります。
「一触即発の」イーリス・ロマンスとありますが、
実際には恋関係の話は、そうまともに出てきません。
プレイヤーの数だけマイベストカップルがあるFE覚醒で、
そんな恐ろしいことするはずがないとは思っていましたが、
本編でやらないことをタイトルにするのはどうかと思いました。

ルフレが「愛」に関する話を聞いて「自己」の存在について迷う、そんな話です。

続きを読む

2017-11-12 : ドラマCDの感想 :

FEif 『カムイ誕生日編 波乱のマイキャッスル』

えー…と。
すごく面白かったんですけど…
何、最後の1分ぐらいの唐突な盛り下げ(汗)。
あれが無かったら割と何回も聴くCDになっただろうに、これ。

暗夜ルートを選んだカムイ(女)の誕生日を祝うための、
勘違いと勘違いの嵐が笑いを呼ぶギャグストーリー。
マイキャッスルの珍要素を余すこと無くギャグに使いまくり、
隙あらば笑わせようとするギャグのオモテナシ精神の塊!

…が、98%。無駄シリアス2%が若干盛り下げる。
ただ、少年のくだりぐらいは目を瞑ってもいい。
最後に白夜きょうだいに恨みの言葉を
浴びせられるのは我慢ならん。


このCDで楽しめた9割がどっか行きました。ええ。
この辺記事にしようとか、色々思っていたのが全部吹っ飛びましたとも…(汗)。
怒りで、ではなく、単に驚いた。

何、このゲームとかドラマCDのシナリオライターさんは、
人が楽しそうな感じでいるとイラッとして砂とか水をぶっかけたくなるタイプ?(汗)
特に白夜きょうだいの方は、オチに使われているせいで気持ちの軌道修正すら許さない。

続きを読む

2017-11-11 : ドラマCDの感想 :

FEif 『北の城塞編 レオンとマークスの対立』

カムイが「星の降る草原」に行きたいと言っていた、
その夢を叶えるかどうかでレオンとマークスが対立。

…という茶番でした。
タクミの前日譚よりは幾分かましですが、五十歩百歩。
それもこれも、マークスが「自分が一番偉い兄貴面出来るポジション」を取り続けて
重要どころでは決断しない悪い癖が全面に出てしまっているせい。
タクミの心情描写に徹しているという意味では、
タクミ編の方がマシとさえ言えるかもしれません。

構成としては覚醒の「絶望の未来編、追憶のフューチャー・レクイエム」同様
事件が「展開のために」起こるため仕事をしているキャラクターがいないのです。

あ、シャーロッテだけは仕事してたわ(爆笑)。

続きを読む

2017-11-11 : ドラマCDの感想 :

FEif 『タクミの前日譚 選択の刻編』

あー、5章以前の色々が前のCDだったのかー(遠い目)。
ゲームとの違いは、ゲームで単に屋台を回っていただけだったのが
「カムイ王子の帰還」の儀式のための祭ということになっていること…でしょうか。

タクミが幼すぎる心を少し反省し始めたところで…
ゲームの5章、最悪の事件が発生します。

続きを読む

2017-11-11 : ドラマCDの感想 :

FEif 『タクミの前日譚 カムイ帰還編』

コンプリートBOX(ダメージ品)-5000円でゲットしましたが
これといったダメージも無く付属品も全部揃っていて困惑しています(苦笑)。

まず、FE覚醒シリーズの1時間超が当たり前のボリュームから
1枚あたり40分前後までの全体的な大幅ボリュームダウン。
同じ4枚でも少なく見積もって80分減ってます。
それで覚醒と同じぐらい値が張って、最低1枚がこの内容ということであれば
これは非難が集中してもしょうがない、という内容でした。

『タクミの前日譚』なので、基本的にタクミ視点です。

続きを読む

2017-11-11 : ドラマCDの感想 :

FE覚醒Vol.3 絶望の未来編 追憶のフューチャー・レクイエム

がっかりする覚悟は相当してから聞き始めたんですが。
想像を絶するガッカリ度でした。

なんだこれ、なんだこれ、なんだこれ……(汗)。
君の世界には、君の目に映った人しか生きていないとでもいうのか。
見えない人は、見つけ出せなかった人は、存在しないとでもいうのか。
そんな感想です。

ちなみに、ブックレットには「追加コンテンツで好評だった~」と書かれていますが、
子世代の置かれている状況は
「宝玉が1つ足りずに覚醒の儀が行えなかった」ルキナ達なので
これはゲーム本編の正伝に近いもののようです。
しかも子世代キャラが全員登場するという大判振る舞いです。

Vol.2の宣伝文句もそうですが、CM係の人は本編の内容を把握していないのでしょうか?

続きを読む

2017-11-07 : ドラマCDの感想 :

FE覚醒Vol.2 不撓不屈のペレジア・ストーム

FE覚醒のドラマCDなんか買うもんか!と思っていましたが、FE無双をやったら
ちょっと価値観変わりまして。特に「不撓不屈のペレジア・ストーム」は
この記事の作成時時点では価格変動が激しいですが、
定価に近い価格で運良くゲットできました。

FE覚醒10章後の正伝と銘打っているようですが、
「ルキナが男装したままで、女と認識されていない」
「イーリス(・フェリア)連合軍から大きくはぐれたクロム達」という設定なので
数ある覚醒時空のどれかの物語と解釈する方が、妥当な気がします(笑)。

感想:みんなアホー!(※良い意味でも悪い意味でも)

続きを読む

2017-11-06 : ドラマCDの感想 :

ブレイブリーデフォルト リユニオンの祝祭

3編+エピローグ+サントラに入っていない「フォーザシークウェル用」の曲2曲。
笑いどころはレスター卿とユルヤナのやりとりぐらいしかありませんでした。
私は元々「ブレイブリーデフォルトのキャラが本当に好き」とは言えないので
あまり楽しめないのは当然という気もしますが……。まぁ、「強敵」戦曲が目当てだったので(汗)。

続きを読む

2014-05-18 : ドラマCDの感想 :

遙かなる時空の中で2 雪月花

確かこのCDに入っていたドラマはギャグテイストだったはず、と思い
久しぶりに聞いてみました。

うん、ギャグだった!(笑)

続きを読む

2013-11-12 : ドラマCDの感想 :

黒子のバスケ23巻ドラマCDの感想

黒子のバスケのアニメ第二期開始を記念して、
ドラマCD同梱版が再び登場。

ネタは94話の部室掃除の回のギャグを引き延ばした感じ。
「お好み焼き、食べないか?」同様
「お片付けといきますか!」も原作ではかなり貴重な純ギャグ回なので
選択も妥当と思います。ベストではない気もしますがそれもまたいい、かな?

紫原と氷室がゲスト的に登場しますが会話にはヤマも無くオチもなし。
ファンサービスですかね。

続きを読む

2013-08-07 : ドラマCDの感想 :

世界樹の迷宮4 ドラマCD 囚われの巫女と三姉弟

キリカ・エレノア・ルークの三姉弟と
キバガミ、ウーファンの5人が物語の中心にいます。
キリカ達の職業は左から
ソードマン(♀)、ナイトシーカー(♀)、メディック(♂)。
サブは取っていないようです。

ワールウィンドもゲスト程度に登場。
脇役は辺境伯、ウロビトの里の巫女(シウアン)、武器屋の娘、
宿の女将、交易場のおっちゃん。

続きを読む

2013-07-24 : ドラマCDの感想 :

遙かなる時空の中で 1&2&3 花祭

1,2,3ファン向けのバラエティCDですが
3世界の八葉が一同に会す話は1本だけでした。

続きを読む

2013-04-07 : ドラマCDの感想 :

遙かなる時空の中で 夢浮橋 ~天花の虹~

夢浮橋未攻略ですが「雲つむぎ」(→感想)が面白かったので購入。
残念ながら雲つむぎ程は面白くなかったです。

続きを読む

2013-04-03 : ドラマCDの感想 :

遙かなる時空の中で 夢浮橋 ~雲つむぎ~

夢浮橋というのは遙か1~3のファン向けのゲーム。
DS版とPS2版が出ていますがPS2版が完全版らしいです。
キャラソンは聞かないタイプなのでキャラソンの感想は無いですがご了承ください。


全体の感想:ミニドラマ3本(どれもギャグ調)とても面白かったですよ!
でもなんでイノリと詩紋、幸鷹と翡翠、リズ先生と敦盛が
ミニドラマの題材からハブられてるの!? …それだけが残念。

続きを読む

2013-03-13 : ドラマCDの感想 :

「語れ!へっぽこ冒険ロード」の感想

へっぽこーずのドラマCD。
シナリオが若干投げやりな気もしますが、
初回特典に付いていたブックレットのリプレイは、
ドラマCDであったことを前提にされているので、聞いて損はないです。
…得をするわけでもない、と思っているのは、贅沢?

一応、監修は秋田先生ってことになっているのですが……。

初回特典盤についている、おまけのブックレットが
おまけってレベルじゃないほど面白かったりします。

続きを読む

2012-09-14 : ドラマCDの感想 :

黒子のバスケ16巻のドラマCDの感想

アニメ化記念に作られたドラマCDらしいです。
タイトルは「お好み焼き、食べないか?」。

5巻の秀徳戦終了後の誠凛の祝勝会に、
うっかり緑間が混ざってしまうことになるというギャグ回を、
ドラマCDとして聴けるように調整してある感じでした。

続きを読む

2012-09-14 : ドラマCDの感想 :

世界樹の迷宮 ドラマCDの感想

BGMはゲームと同じもの。
わりとメタ的な台詞が飛び交っていたりするのが3のドラマCDとの最大の違い?
キャラ絵は全員汎用と、ちょっと変わってるかも。
先輩キャラのレンとツスクル、商店のシリカも出演。

話毎にタイトルが読み上げられます。

続きを読む

2012-09-09 : ドラマCDの感想 :

世界樹の迷宮3 絶海の優姫ドラマCDの感想

何故か未だに密林にジャケ絵が来ていなかったり、
ウィキペディアにあらすじが書かれていなかったり、
某店では「世界樹の迷宮3 ドラマCD(仮)」のまま売られていたり
なんだか不遇なドラマCD。
コミックス版のキャラが一部ゲスト出演しているらしいですが
コミックス版は未所持です。

続きを読む

2012-09-08 : ドラマCDの感想 :
ホーム

Amazon Affiliate

ブログ内の検索

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate

カウンター

カテゴリ

ブログ管理人に連絡する

Amazon Affiliate

人気記事ランキング


集計開始日:2013/8/16

Amazon Affiliate

Amazon Affiliate